矯正歯科は長期治療

矯正歯科治療と歯科治療の違い

矯正歯科の通院頻度はいつから

矯正歯科治療と通常の歯科治療の違いはいつからかは通院頻度で判断することができます。矯正歯科は、治療期間が通常の治療と違い、歯並びを矯正していくため、子供の成長に合わせて、長期間にわたって治療が行われるため、その違いは歴然です。矯正は、20歳程度まで、つまり成長期の間に歯が生え変わる時に、行う治療法であり、通院頻度も月数回を数年にわたり行います。治療費も、健康保険の適用が聞かないケースが多く、高額になるケースが少なくないのです。しかし、成人になってからでは治療をしにくい面もあり、早くする方がいいのです。

矯正歯科の通院頻度は?

矯正歯科の場合、矯正の具合や年齢によりその進行内容は少し異なります。最初は矯正用の型取り・レントゲン・検査等もある為、1か月に複数回通うといった通院頻度になる事もありますが、ある程度その矯正内容が落ち着いてくれば、だいたい1か月に1度の通院頻度が一般的です。場合によっては2か月に1度の場合もあります。費用は通常の矯正代と別に1か月ごとの定期検診代としてかかる為、器具の不具合や故障等で何度か来院する場合も同額である事が一般的です。ただし修理代等の特別な費用は実費となる事もあるようです。矯正歯科の場合期間も費用も掛かる為、しっかり検討してから始めましょう。

↑PAGE TOP