矯正歯科で改善する

目立たない矯正歯科治療

矯正歯科の通院頻度はゆっくり

矯正歯科は、歯並びが悪いために出てくる口腔内トラブル(虫歯や噛み合わせ不良、見た目の悪さなど)を改善する治療法です。具体的には、奥歯にブリッジと呼ばれる金具をかぶせ、それぞれの歯の表面に矯正用の金具を専用の接着剤で接着します。ブリッジからブリッジへ、それぞれの歯に着けた金具を結びながらワイヤーでつなぎます。歯科医師はバランスを確認しながら、ワイヤーを縮めたり伸ばしたりして、歯に負荷をかけ、歯が適切な位置に誘導され徐々に改善されていきます。矯正歯科は、無理な引力をかけると、痛くて普段の食事や生活がままならなくなってしまいますので、ゆっくりと時間をかけて行います。したがって通院頻度は月1程度となり、数年かけて行うようになります。

矯正治療中の通院頻度

矯正歯科では歯並びや噛み合わせを正常にする治療を行っています。矯正治療を希望する患者さんの多くは見た目をきれいにしたいということをその理由にあげますが、治療中には専用の装置を装着する必要があるのでその審美性から治療のスタートを延ばしてしまう方も少なくありません。矯正歯科では、そういった患者さんにとっても安心な、他人から見えにくい治療方法も導入しています。そのひとつに、透明な樹脂でできたマウスピース様式の矯正装置を使う方法があります。マウスピースは自分で着脱が可能という特徴もあり、外して普段通りの歯磨きやフロスもできます。矯正治療中は口の中が汚れやすいので一定の通院頻度でクリーニングを受けますが、マウスピースタイプのでは通院頻度が少なくてすむというメリットもあります。

↑PAGE TOP